映画の予告詐欺、というとあまり良い響きはしませんね。
予告だととても面白そうなのに、実際はとてもつまらなかったり。
予告で紹介していた展開とまるっきり違ったりすると、怒りたくなってしまいますよね。

さて、ベイマックスという映画が今やっていますが、
予告だけ見て、6人組のヒーローものという映画だと分かるのは日本人の何割が該当するでしょうか(笑)
ベイマックスというのは、元々アメリカンコミックの一つをディズニーがアレンジして制作した物なんですね。
題名も「BIG HERO 6」。ちなみに英題はこのままだそうです。

ちなみに外国の予告は結構アクションを取り入れたものになっています。
日本の予告は、どちらかというとベイマックスというロボットとの心温まる触れ合いをクローズアップしていますね。
ちなみに、映画ポップアップも結構違いますよ。

さて、そんなベイマックスですが、予告詐欺なのか?
そんなことはありません。

私は先日観に行ってきましたが、
日本でクローズアップされたベイマックスとの心温まるやり取り。
外国で主にクローズアップされているアクション。
どちらもふんだんに入った素晴らしい映画となっています。
ベイマックスの可愛さにはキュンときてしまいました(笑)

予告で観たものとは違う風味な映画になっているかもしれませんが、観て絶対後悔はしないです。
まだ観ていない人は、是非劇場へ。馬プラセンタのサプリについて

先日厚生労働省が大手のボーナスが過去2番目に高い水準と発表していますが、過去最高だったのは2007年でしたので当時を思い出しました。9年前のでリーマンショックが始まる前ですがバブル全盛期でもなかった時代で確かに景気はよかった気はしています。
その時代は家電メーカーも全盛期でシャープ、ソニー、パナソニックも次々新製品を開発、販売していていました。その時代は毎年給料やボーナスも上昇するのが普通でした。最近はアベノミクスの恩恵を受けて大企業を中心に業績がよくなっていることは確かですが、シャープや東芝、三菱自動車など業績悪化、不正会計、燃費改善など不祥事を起こした会社があるのにもかかわらずボーナスが上昇しているので不思議な気もします。
毎回いわれますが、日本の企業の大多数は中小企業なのでボーナスが少ない会社やそもそもボーナスの無い会社が大半だと思います。今回の発表を受けてどう思うのか気になります。大企業に勤務しているのがお金は確かにもらえますが、好きな仕事や充実して仕事に取り組んでいる人はあまり気にならないのかもしれませんが、本当はどう思っているのか知りたい気持ちもしています。http://www.xn--vek985g080a0bdwog.xyz/

私の現在の月に使えるお小遣いは1万円です。
専業主婦にしてはもらっている方だと思います。
ただ私の場合は、専業主婦といっても月に6万円ほど稼いでいるので実際はパートをしながら子育てをしているようなものです。
そんな私が、最近始めたのがランサーズでお小遣いを稼ぐ事です。
目標は、今のお小遣いにプラス1万円で2万円にすることです。
2,000円は毎月、積み立てでお小遣いを貯めています。何か大きな買い物をしたくなった時に使えるようにしているためです。
その他は、カフェに行ったり一人でのんびりする時間が好きなので手紙を書いたりするお金に使っています。
あとは、化粧品を買ったり美容院に行ったり結構お小遣いから出すものが多いので、やり繰りが大変です。
そこでお小遣いが2万円になったら少し気持ちの余裕も生まれてイライラする時間も減りそうなので、家族のためにも私がゆとりを持って過ごせる工夫をしたいとい思いから始めました。空いた時間を使ってお金に出来る今のシステムに本当に感謝です。これからもコツコツと頑張りたいと思います。車を売却するなら最低限知っておくべき